utatane

さて、39sai

ひとりごと

39歳になりました。早いもんで憧れだった「30代」もあと一年(笑)。

確か30歳の誕生日は MOONRINGSを立ち上げた頃だった気がする。

2007年
当時タケシ君がやってた店の移転オープンで新乱波洞(8ONPAS)と
半年くらいかけて手作りしたじょっちゃんのライブハウス「市松屋」を盛り上げるべく

当時、TOMORED&HAPPYHOURSという
バンドをしていて(tomored/イチ/いいとも/タケシ君/よっぴー/ハルコニー etc…)
バンド活動の場でもあり、仲間の店を盛り上げるべく起こしたのが
「MOONRINGS」というイベントで、「つきのわ」という名前の由来の始まり

沖縄では8回くらい隔月くらいで開催したんだけど
後々ますます、生活が大変になっちゃって
バンド活動もイベントの運営も一度中断したのを覚えてる。

その時の第一回で 結成当時の「R.A.G.S」と、
泉北のビックバンド「BABAN5」と対バンしたのを覚えてる
今思えば、今住んでいる沖縄と阪南の二つの街の組み合わせも縁。

第一回のMOONRINGSは二日連続開催で

翌日の市松屋では昼からポカポカのんびり素敵な日々だった
0歳と1歳の赤ん坊をおんぶして、月光荘をやってた頃。
まわりの子ども達が演奏中も走りまわってたな。

名づけた名前で10年イベントを続けたり
そこからお店になっていくことができたこと。

そう思うと、あっという間だけど
30代の10年は月光荘での出会いを通して
いろんな街で、いろんな人と出会え、
いろんな活動をさせてもらえたと思ってる。

何より「天職」である月光荘の舵取りを
変わらずさせてもらえているのは、
そばで支えてくれるスタッフや
大切に利用してくれる皆さんのおかげです。

35歳の秋に人生の転機がきて
最愛の三男を亡くした時に
真っ白けの空っぽになった心で
眺めてたこの世界。

その時に、見つけた「宝物」と「光の道」
その時に、描いた「夢」と「自分の役割」

今でも「今」を全うに生きてくことしか考えれてないし
今やりたいこと以外興味がないし、何も変わってない。

「一回きり」を、最後まで思いきり、進むのみ。

そんなこんなで誕生日。那覇から帰ってきて
こどもたちも小学校の春休み初日なんで、
家族でゆっくり買い物して、ご飯でも食べたりして
ひさびさ家族みんなで、いい時間を過ごすことができました。

40歳になる最後の一年
このまま、このペースで、突き進みながら、
やりたいことを悔いなくやっていこうと思っています。

バランスとアン・バランスの間で
生き物らしく、揺れたり、伸び縮み、しながら
出会う人たちと「瞬間」を感じあいながら

物事や世界の、暮らしや日々の、
自分の中の、本当に大切なことを
わかりあってゆけたらと思っています。

さて明日は、堺。 4/9は京都、そして沖縄。

下旬はまた東京に、翌月は橋の下に 

この春もいろいろあります。

今年もやるぞ!! 

FLY HIGH IMAGINATION !!

遊びましょう!!

tomored

« »